徒然 シャトン日記

カテゴリ:ギャラリー( 6 )

「金子國義展」

開催:3月8日(水)~5月8日(月) 火曜定休、営業時間に準じる。

概要:一昨年の3月16日にご逝去された画家の金子國義さんを偲び、今年も「金子國義展」を開催致します。

...

耽美的で退廃的。光と影。理性と欲望。聖なるものとエロス。独自の世界を創造し、美を追求し続けた画家、金子國義さん。その才能は絵画にとどまらず、写真、舞台美術や着物のデザインなど多岐にわたり、熱狂的な支持を得るとともに多くのアーティストやミュージシャンにも影響を与えてきました。
特にルイス・キャロル著「不思議の国のアリス」絵本の挿画で知られ、独特の魅力を放つアリスの絵は、ファンならずとも一度は目にしたことがあるという人も多いでしょう。

今年はSTUDIO KANEKOさんのご協力により未発表の油彩画を展示。また猫をテーマにした油彩画や版画、「不思議の国のアリス」などの作品のみならず、金子國義さん独自の世界観による「アリスの夢」や銅版画「Metonymie(換喩)」を展示致します。

一部の版画作品はご購入いただくことが出来ますので、お気に入りの作品がございましたらスタッフまでお気軽にお声がけ下さい。

なお、店内左手奥には一部過激な表現の作品が展示されておりますので、ご覧いただく際には充分ご注意下さい。


フレンチのシェフ監修の料理やデザート、ドリンクとともに金子國義さんの作品をご堪能いただき、金子國義さんの魅力にふれていただければ幸いです。この機会にぜひご覧下さい。


<当店からのお願い>
ご来店の際にはおひとりさま1オーダー以上をお願いしております。


【協力】
STUDIO KANEKO
antique Salon

a0336610_23455183.jpg


[PR]
by viadellagatta | 2017-03-10 23:49 | ギャラリー

「いえねこ写真展」のお知らせ

a0336610_14353765.jpg
開催:2月8日(水)~3月6日(月)

概要:Instagramのフォロワー数28万人、「こむぎねこ」で知られるtomoによる、猫と人を幸せにする"出張いえねこ写真家"としての、はじめの一歩となる写真展。


tomoプロフィール:
Instagramアカウント名 @tomochunba
著書に「こむぎねこ」(主婦の友社)、「こむぎといつまでも」(小学館ジュニア文庫)がある。


当店からのコメント:
昨年3月に急逝したこむぎさんの写真をはじめ当店の看板猫さんたちの写真や有名猫さんの写真などを多数展示致します。店頭ではこむぎさんグッズの販売も致します。
なお、誠に勝手ながら2月8日(水)はスタッフ研修のため15:00~18:00まで一時お休み致します。ランチタイム及びディナータイムは通常営業を致します。

(ご注意)ご来店の際には必ず1オーダー以上をお願い致しております。ご協力をよろしくお願い致します。


[PR]
by viadellagatta | 2017-02-05 14:36 | ギャラリー

町田尚子「ネコヅメのよる」絵本原画展

a0336610_20331526.jpg
期間 1月11日(水)〜2月6日(月) (火曜日定休)

開催時間はカフェ営業時間に準ずる...


「もしかして…」、「そろそろかもしれない」
猫たちが集うよるには猫だけが知っている秘密が…。


月刊MOE 第9回絵本屋さん大賞 6位
第5回静岡書店大賞 3位


東京、京都、大阪で開催され好評を博した絵本「ネコヅメのよる」原画展を中部地方で初めて開催致します。ほぼ全点展示予定。

開催期間中には「ネコヅメのよる」町田尚子氏のサイン本を販売致します。


協力:WAVE出版


(ご注意)ご来店の際には必ず1オーダー以上をお願い致しております。ご協力をよろしくお願い致します。


[PR]
by viadellagatta | 2017-01-12 20:34 | ギャラリー

【金子國義追悼展】のお知らせ

金子國義追悼展

201632日(水)〜418日(月)

現在当店では、昨年3月にご逝去された画家の金子國義さんを偲んで「金子國義追悼展」を開催しております。


a0336610_20563122.jpg

耽美的で退廃的。光と影。理性と欲望。聖なるものとエロス。独自の世界を創造し、美を追求し続けた画家、金子國義さん。その才能は絵画にとどまらず、写真、舞台美術や着物のデザインなど多岐にわたり、熱狂的な支持を得るとともに多くのアーティストやミュージシャンにも影響を与えてきました。

特にルイス・キャロル著「不思議の国のアリス」絵本の挿画で知られ、独特の魅力を放つアリスの絵は、ファンならずとも一度は目にしたことがあるという人も多いでしょう。

「カフェ・シャトンルージュ」では、金子國義さんの数々の絵画の中から「アリス」と「猫」をテーマに、「不思議の国のアリス」のアリス、そして猫をモチーフにした絵画を中心に展示いたします。

いつまでも新しく、どこか懐かしい。金子國義さんの絵との出会いから、ご覧になる方に何が生まれてくるのでしょうか。

フレンチのシェフ監修の料理やデザート、ドリンクとともに金子國義さんの作品をご堪能いただき、金子國義さんの魅力にふれていただければ幸いです。この機会にぜひご高覧ください。


金子國義(かねこ・くによし)プロフィール

1936年、埼玉県生まれ。織物工場を営む裕福な生家で育つ。歌舞伎、映画、絵画、バレエなどさまざまなジャンルの芸術にふれて美意識を磨く。1956年、日本大学芸術学部入学。学業と並行して、歌舞伎の舞台美術家、長坂元弘氏に師事。1967年個展「花咲く乙女たち」で画壇デビュー。作家・評論家の澁澤龍彦氏の著書の装幀画や絵本「不思議の国のアリス」などをはじめ多くの著作・雑誌の装幀画・挿画を手掛ける。舞台美術家として「状況劇場」公演、2005年には十八代目中村勘三郎襲名披露口上などを担当。近年は着物や浴衣のデザインなども手掛け、20152月に初の自伝「美貌帖」(河出書房新社)が刊行。その約1ヶ月後、2015316日死去。

2016314日には未発表作、人気作などを選りすぐった約180点の作品を収録した「イルミナシオン」が刊行される。


ご協力/金子修様、
美術倶楽部ひぐらし様、antiqueSalon様


[PR]
by viadellagatta | 2016-03-06 20:56 | ギャラリー

「第二回 シャトンルージュ 猫写真コンテスト」のお知らせ

1月14日(木)
  30名様に達しましたので募集を締め切らせて頂きました。
  ご応募有り難うございました。



          △ △
お待たせ致しました(=^^=)
昨日Twitterで告知致しました、猫写真コンテストの詳細をお知らせ致します。
下記要項をご覧の上、奮ってご応募下さいませ。
ささやかながら賞品をご用意しております。
尚、賞品の内容につきましては後日発表致します。

 第二回 シャトンルージュ猫写真コンテスト

テーマ 「自慢の1枚!!」
 シャトンルージュの猫さん以外の猫さんなら誰でも!
 但し、飼い猫さんを撮る場合は飼い主さんから許可を得てから
 ご応募下さいませ…

募集期間
  
平成28年1月13日(水) 昼12:00~1月25日(月) 昼12:00 迄
  尚、展示の関係上、募集人数の上限を30名とさせて頂きます。
  その為、期間内であっても人数が集まり次第募集を締め切らせて
  頂く場合がございます。予めご了承下さいませ。
    
展示期間 
  平成28年2月3日(水)~2月29日(月)
 
 期間中、店内にて応募作品を展示致します。

投票期間 
  平成28年2月3日(水)~2月20日(土)
  
店内にて、お客様からの投票を受け付けます。
  また、スタッフも投票させて頂きます。

結果発表 
  平成28年2月22日(月)
ネコの日!! 
営業終了後
 
 結果は、当店ブログ、Twitter、Facebookにて発表致します。
  また、入賞者には後日E-mailにてご連絡致します。

応募規定
 ・お一人さま1点までのご応募。
 ・ご本人さま撮影の作品のみ可。
 ・画像はデータのみ。(2MG以内)
 ・スマホ・カメラ付き携帯での撮影可。
   (但し印刷した場合に画質が劣る可能性がございます。
   予めご了承ください。)

応募方法
 ・E-mailにて受け付け致します。
 ・応募者が30名に達した時点で締め切らせて頂きます。 
 
E-mail本文に画像を添付し、郵便番号、住所、氏名、ハンドルネーム
(ご希望の方)を明記の上、下記アドレスまでお送り下さいませ。
viadellagatta8110@ninus.ocn.ne.jp

☆お問い合わせ先
viadellagatta8110@ninus.ocn.ne.jp
お問い合わせ等はお気軽にどうぞ。055.gif
尚、店舗への直接のご連絡はご遠慮下さいませ。

スタッフS





[PR]
by viadellagatta | 2016-01-11 23:52 | ギャラリー

人が消えた村のねこ 〜福島県飯舘村の記録〜

こんばんは。
今回は11月の新しい展示会のお知らせです!!

人が消えた村のねこ 〜福島県飯舘村の記録〜

上村 雄高 写真展

2015年11月3日(祝・火)〜11月30日(月)

★Café Chaton Rougeカフェ・シャトンルージュでは、2015年11月3日(祝・火)より企画展「人が消えた村のねこ〜福島県飯舘村の記録〜」を開催いたしております。
福島第一原発の事故により、全村民が避難した飯舘村。写真家・上村雄高さんが撮影した、人が消えた村に生きる猫たちの写真を展示いたします。上村雄高さんの写真展はこれまで東京、神奈川、鹿児島で開催され、東海地方では初の開催となります。
★また、会期中の11月14日(土)には上村さん、仲眞麻花さん(保護猫カフェ・ネコリパブリック代表)、守隨智子さん(動物愛護団体 NPO法人ファミーユ代表)によるトークイベントを開催いたします。

飯舘村では今もなお、多くの方が猫や犬たちへの給餌や保護活動に取り組んでいます。飯舘村の猫たちの写真をご覧になったりトークイベントにご参加いただくことで動物たちに心を寄せていただくと同時に、何ができるのか考えていただくきっかけになれば幸いです。

※当店はカフェですので、入店された方には飲食物のご注文をお願い申し上げます。

a0336610_17280464.jpg

              
〜上村雄高さんからのメッセージ〜
2011年3月の福島第一原発事故による放射能汚染で、福島県飯舘村の全村民 6000人余りはいまだ避難生活を余儀なくされています。そして「およそ400匹の猫と200頭の犬が取り残され、飼い主の帰りを待ち続けています」ニュースでは数字に置き換えられてしまう犬や猫たちも、あなたや私の犬猫と何も変わらぬ存在です。
野生動物飢え、暑さと寒さ、そして放射能。彼らは命の脅威にさらされ続けています。
2012年から4年間に、飯舘村で出会った犬猫の記録。
私たちは彼らに何ができるのか?
私たちの意志と行動で世界は変えられると私は信じています。


 《プロフィール》
写真家 上村雄高(かみむらゆたか)
東京都在住。
東京写真学園卒業、DAYS JAPAN School of Photojournalism終了。 
猫雑誌での撮影、ペットの訪問撮影をおこなうほか、ねこ写真教室主催。
2012年より原発被災地福島県飯舘村の犬猫の撮影を続け、2014年より猫の保護活動をおこなっている。
自宅には猫が10匹いる。

《写真展》
2014「Call My Name 原発被災地を生きる犬猫たち」ギャラリー・エフ浅草
2015「人が消えた村のねこ」渋谷ギャラリー・ルデコ
   「稲穂」ネコリパブリック東京
   「マメのつぶやき」横浜元町 アートギャラリーATHLE
   「人が消えた村のねこ」ムーブ町屋

好きな言葉 「行動しよう、恐れるものはなにもない」
ブログ 「猫撮る」 http://nekotoru.com/299
 Twitter @y_kamimura

素敵なお写真の数々を、是非ごゆっくりとご鑑賞下さいませ。
皆様のお越しをお待ちいたしております。


[PR]
by viadellagatta | 2015-11-03 17:53 | ギャラリー

名古屋市中区丸の内にある猫をメインにした画廊カフェ”ChatonRouge"のオフィシャルブログです
by viadellagatta
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

ブログジャンル

画像一覧

フォロー中のブログ

メモ帳

検索

外部リンク

最新の記事

ファン

イラスト:まるめな